1. ホーム
  2. サービスのご案内
  3. 電装関連
  4. クラウンの右ドアスピーカーが鳴らない
サービス

電装関連

クラウンの右ドアスピーカーが鳴らない

ドアを閉めている時は「音が出る」
ドアを開けると「音が鳴らない」
画像中央のゴムのジャバラの中にスピーカーの配線とパワーウィンドー、ドアミラー、ドアロックなどの配線が入っています。
手で触ってみると「音が出たり、出なかったり」
この中でスピーカー配線が断線していると「断定」
分解してみることに。。

分解してみることに

分解してみることに

内張りを取り外します

内張りを外します

ヒューズボックスの裏側から外します

ボディー側はヒューズボックスの裏側から外します。

スピーカー線だけが切れていました。
この線だけが太くて硬い。銅線の金属疲労による断裂です。
その他の配線は細く柔らかく、今後の耐久性にも問題ありません。 この部分のスピーカー配線の断線も珍しく、初めてのことです。
ドアの交換やこの部分の修理あとがないことから、新車の組み立て時の「ねじれ」があったのでしょう。 配線が入っているジャバラ部分がかなり鋭角になっていて、配線に負担がかかっていたようです。 組み立て時には、要注意です。

組み立て時には要注意

組み立て時には要注意

配線をはんだ付けします。

絶縁テープを巻きます

念入りに、しかし太くならないように絶縁テープを巻きます。

ジャバラのゴムを取付ます

テープを巻いた部分が曲がる個所にならないように、配線の位置をずらしてジャバラのゴムを取り付けます。 きちんとはめないと、水漏れいてしまうのでピッタリとはまっているか、よく確かめます。

内張りを組み立てて「完成」です。
車を永く大切に乗る。
それにはメンテナンスや修理などの維持費が必要になります。
その費用負担を少なく安くすることが、楽しいカーライフの為にはとても大切です。
ライトアップではお客様の要望に合わせて、無駄な交換のない修理、再生にチャレンジしています。